相応に差が出てきます

たとえ出来心でも浮気をしてしまったら、向こうの奥様から、不倫の慰謝料請求が送りつけられてくることは充分考えられます。

慰謝料は幾らで持とれるという所以ではなく、相手側の離婚の有無で、相応に差が出てきます。

こちらは離婚もしていないのに、一般的ではない多額の慰謝料を要求された際は、直ちに弁護士さんに相談してみるべきです。

たとえ調査内容が同一でも、浮気調査の代金は興信所や探偵社ごとに変わってきます。

話を聞いてくれたからと最初の業者に決めてしまいがちですが、多少面倒でも複数の探偵社に見積りしてもらうことを推奨します。

沿うすれば、請求書が来てから悩向こともないでしょう。

それと、調査して欲しい相手の行きつけの店や交遊関係などを、データとして用意するか、メモなどで整理しておくと、効率良く調査できるそうです。

なので、調査費用が安くつくことは言うまでもありません。

ただし、ろくでもない探偵を雇ってしまうと、大切なお金を棄てるようなことになりかねません。

相談に行っただけなのに事務所に足止めし、碌な説明もなしに契約を促したりする業者は、特に注意すべきです。

帰宅したアトに、何度も電話をかけて契約を執拗に迫るのは、劣悪な業者とみて間違いないですね。

真面目に営業している探偵、興信所ではけしてそのような行為はありません。

なお、安い探偵なんて使わないほうがマシと言う人がいます。

おそらくそれは、少し以前の話でしょう。

なぜなら、手抜きをしたってお客にはわからないからです。

現在はネットが普及して、調査内容の信頼度や請求などについても、ブログや掲示板などを見れば、まあまあ詳細に分かるようになりました。

少しばかりの代金をケチって、肝心の調査がダメでは元も子もありません。

それに、ただ高いだけのところに浮気調査を依頼しても、こっちがバカを見るだけです。

なので、実力と料金のつり合いがとれた会社を見つける手間を、惜しまないことが大切です。

ちなみに最近は、W不倫、しかも職場って多いんですよね。

ただ、知られたところで、パワハラによる不倫交際の強制などでもなければ、私生活上の問題では安易にクビにすることができません。

けれども、企業には就業規則というものがあり、その中の公序良俗、および社内秩序、風紀等を乱す行為といったところに抵触すれば解雇もない所以ではありません。

現実的には口頭注意ぐらいで、厳しいお咎めはなしで終わりがちで、結局のところ「甘い」印象は否めません。

探偵業者に依頼すべきかどうか迷ったら、そのままでいるより、電話したほうが絶対スッキリするはずです。

業者の場所や連絡先等は、ウェブサイト以外にも広告や看板等で貼りだされていることが多いです。

専属スタッフに相談すると、だいたいの費用の目安の概算で見積りを出してもらえます。

相談と見積りまでなら無料という会社も少なくないですし、費用だけでなく内容もそれで良いかよく考えてみましょう。

一人で考えるより、良い解決策が見つかると思いますよ。

ただし、興信所、探偵社というものの中には悪質でいい加減なところも存在するので、評判をよく調べ、信用度の高い業者を見つけるのが大切です。

ところで、不倫調査を依頼しても、決められた時間内に有力な証拠を得られるとは限りません。

まともな業者なら、目安となる期間やコストテーブルがありますので、よくよく確認した上で契約するようにしましょう。

探偵社による浮気の追跡調査では、成功報酬制を採用している事業所もあるようです。

それって、浮気の証拠を押さえない限りは無料ってことですよね。

なんだかとても「得」に見えますよね。

ただ、ターゲットの浮気の有無が曖昧だったり、調査時間数が通常より多くなり沿うな気配だと、断るときもある沿うです。

当然ながら証拠をゲットする確率も高く、そのときに思ってもみなかった額を請求されるケースもあるので、利用者の方で気をつけておかなければいけません。

 

 

夫の不倫や浮気予防で気をつけるポイント

普通、離婚となると、浮気していた側は子の親権をあきらめなければいけないと思っている人が少なくないようです。

一般論ではそうかも知れませんが、実際はちょっと違います。

子供の親権というものは、裁判では同居の有無やどれくらい育児に関心をもち、かかわっていたかなどを重くみる傾向があります。

つまり、子供の生育に適した環境かを重視して判定するのです。

なお、私がいま気をつけていることは、夫の不倫や浮気予防になるよう、相手を否定しないこととかですね。

要望やお願いはいっぱいありますが、絶対言ったらダメという一線は超えないようにしていますし、収入や家計の責任を相手だけにおし付ける発言をしないことです。

家のために働いてくれている男性の気もちを考え、服装や美容にも気配りを忘れないようにしています。

また、自分の中の女である部分に磨きをかけておけば、夫婦円満で不倫や浮気もないと考えています。

ちなみに、同じような不倫や浮気調査でも、探偵業者に支払う代金は請け負う会社ごとに差があるのはご存知でしょうか。

安易に一社に絞り込まず、多少面倒でも複数の探偵会社で見積書を提示して貰うのをおすすめします。

あと、ちょっとしたコツなのですが、調査する相手の情報を探偵会社に可能な限り伝えることです。

そうすれば、不倫や浮気調査の時間短縮になる上、調査費用が安くつくことは言うまでもありません。

さらに、不倫がわかり、慰謝料請求や離婚の裁判をする場合、浮気していたという証拠がなければいけません。

どのようなものでも証拠になるというわけではなくて、肉体関係があると客観的にわかるような手紙やメール類、不倫相手とラブホテルに出入りし立ときの写真や動画、変わった例では不倫相手と交わした誓約書などがあります。

スマホが普及したことで、メール以外にもラインやSNSが証拠として認められるケースが増えました。

そのため、社内恋愛が多いせいか、社内不倫や社内浮気なども少なくありません。

 

 

証拠を握っておくメリット

配偶者の不倫に悩んでも、探偵に頼むのは離婚支度のようでどうかと思う。

なるほど、もっともです。

しかし、そこまで重たく感じることもないのではないでしょうか。

離婚裁判にせよ、浮気をやめさせるにせよ、その証拠を握っておいたほうがメリットはあるはずです。

現実を目の当たりにするのが怖いというのであれば、それもありでしょうが、すっきりと解消したい気もちがあれば、その道のプロ(探偵)に相談する価値はあるでしょう。

よく不倫のきっかけとして言われるのは、配偶者との生活のマンネリ化が耐えられないといった、利己的でなければ言えないようなものです。

また恋愛(時には偽善だったり、押し付けだったり、自己都合だったりすることもあるでしょう)対象になってみたいという気もちが浮気へと走らせるようです。

沿ういった事態を避けるには、二人でいる時間をつくり、自分たちが不安なこと、不満なこと、イロイロなことを見つめなおすことが大切だと思います。

興信所に調査してもらい、不倫の証拠を見つけて浮気相手と別れさせたのにも関わらず、ふとした拍子に再び浮気することもあります。

退社時刻から帰宅までの空白時間が長くなったとか、ふとしたLINEやメールの着信により浮気が判明し、またかと落胆するケースは多いようです。

その前の浮気に対する処罰が寛大すぎたことが考えられますから、累積として一層厳格な処置が大切だと思います。

浮気した方は気晴らしでも、された方には深いダメージが残ります。

そのような方の相談に乗る専門のカウンセラーがいます。

専門家に話を聞いてもらいながら、心の傷を癒し、前進していけるのです。

信頼していた相手に裏切られたことで相手と別れても他人を信用できなくなったり、人生に要望を見いだせなくなるような人も少なくないです。

離婚なんかしない、やりなおしたいだけという時も、カウンセリングが効力を発揮すると思います。

世間的には離婚した際、不倫していた親のほうは親権が得にくいという話が蔓延しているかもしれません。

倫理的に言うと沿うかも知れません。

ただ、裁判所は違う考え方をします。

親権というのは原則的に、日常生活を供に送れているかやどれくらい育児に関心をもち、かかわっていたかといった点を見ていきます。

要は子供を真ん中にして、どれだけきちんとした生育環境なのかを最も重要なことと考えているかもしれません。

きっぱりと不倫関係を解消させるには、浮気の証拠をしっかり掴んで、慰謝料としてある程度の金額を請求するのが、よく効くようです。

たとえばちょっとしたおあそびとか、本人たちはさほど罪悪感を感じていないという実態もあります。

慰謝料を求めることにより、不倫の罪や現実を思い知らせるワケです。

この頃はついうっかりスマホを放置して、浮気がバレたというパターンが少なくありません。

スマホが主流となっている今、ラインなどのSNSやメールに配偶者の不倫の証拠が隠されている可能性は高いです。

肌身離さず、ロックまでかけている場合は、十中八九、浮気の証拠がそこにあるといっても良いのではないでしょうか。

当人たちからすればリフレッシュやおあそびでも、された側にとっては人生の幸福が台無しになりかねないのが不倫というものでしょう。

許しがたい不貞行為を野放しにすることはできません。

浮気の証拠といったら、すぐ思いつくのは、携帯(スマホ)ですね。

ライン、メール、フリーメールなどを駆使して不倫相手と連絡をとっている可能性があります。